「車に羽をつけて、大きなジャンプ台から飛び出せば1マイル(1.6キロメートル)ぐらい飛べるんじゃね?」と考えた男が40年も前にいたようです。

この勇気(?)あるドライバー、ごらんの通り、車は強度不足で空中分解、着地用のパラシュートも開き方が不完全、で背中を痛めたということですが、病院へ運ばれながらも「俺は飛べたのか? 観客は楽しんでたか?」と気にしていたとか。企画はちょっとアレですが、プロのエンタテイナーかもしれません。

Leave a Reply