子供たちが器用に大きな鉄の何かを溶接作業をしてます。何かが迫っているようで、「急げ、急げ」みたいなことも言ってます。そこにやってきたのは高速列車。なんと子供たちが作業していたのは線路の上だったのです。

ノルウェイでの、子供たちに科学の素晴らしさを伝えるために作られた短編だということです。いやあ面白い。

Leave a Reply