飛行機の着陸では風向きが重要で、大きな空港ではそのときの風向にあわせて違う方向の滑走路を使い分けたりしますね。

この映像は、ボーイング社が777と747SPを使っておこなった、横風を受けながら斜めに着陸するという練習のビデオです。

大きなジャンボジェットが、横から流されながら着地する様子は、普段空港では見られないぶん、とても不思議です。

Leave a Reply