イギリスのテレビ企画で、ヘリコプターから眺めたローマの風景を覚えて、手描きでぜんぶ再現する男の映像を紹介したことがありました。あの彼が、2005年に東京に来て、同じ技を見せてくれていたようです。

ヘリコプターと六本木ヒルズの展望台からの数十分間の眺めですべてを脳に焼き付けたStephen Wiltshire氏は、屋内でひたすら記憶の中の東京を360度の紙に書いていきます。

すべてを見たままに記憶できる人、というのは本当に存在するんですねえ。

Leave a Reply