カレッジ・バスケットのハーフタイムに、幸運な選ばれた観客が挑戦するのは、ハーフラインから目隠しをしてバスケットボールをゴールできたら50万ドル(約5000万円)獲得、というコンテスト。

ただし、このAmir君が別室でチャレンジの契約にサインしている間に、仕掛け人が観客全員に頼んだのは「入っても入らなくてもいいから、とにかく入ったかのように大騒ぎしてください」

3分30秒あたりから、かわいそうなAmir君を呼んでのコンテストのはじまりです。

Leave a Reply